Uber東南アジア撤退!タクシー配車アプリGrabを使う3つのメリット!

わさび

シンガポール国立大に留学している、わさび (@WabiSabi_Hack) です!

タクシー配車アプリって使っていますか?

僕は留学してから、すごく使うようになりました!

日本にいた時は、学生でお金もないので電車と徒歩でしたが、東南アジアは交通費も安いので時間が無いときはタクシーに乗ります!

そして、タクシーに乗る時に便利なのが、タクシー配車アプリです!

東南アジアでは、「Uber」と「Grab」の2大勢力が競っています。

と言うのは、もう過去の話で、先日Uberが東南アジアを撤退すると発表しました!

Uber を撤退に追いやった「Grab」とは一体…?

この記事の内容
この記事では、東南アジアで生活するには必要不可欠なタクシー配車アプリ「Grab」を使う3つのメリットと「使い方」についてまとめます!

タクシー配車アプリ

有名なタクシー配車アプリといえば、「Uber」ですよね!

日本ではじわじわと勢力を伸ばしています、出前を注文できる「Uber Eats」も有名です。

Uber

アメリカのウーバー・テクノロジーズによる、タクシー配車サービス。

タクシーの運転手になりたい人と乗りたい人をマッチングさせる、シェアリングエコノミーの1つ。

アプリから簡単にタクシーを呼ぶことができる。

Uber が東南アジアから撤退!

今まで東南アジアでは、UberとGrabが2大勢力として両立していました。

しかし、先日Uberが東南アジアから完全撤退することを発表しました!

そして、東南アジアでの事業はGrabへ売却します。

グローバルで見ればUberがトップを独占していますが、東南アジアではGrabに「噛まれた」形となりました。

Grabって?

Grab

シンガポールに拠点を置く、タクシー配車サービス。

多くの東南アジアの国で使用されている。

タクシーの配車アプリなので、基本的にはUberと変わりません。

アプリからタクシーを呼ぶことができるサービスです。

では、UberではなくGrabを使うメリットは何でしょうか?

Grabを使う3つのメリット

支払いが簡単!

まずは、支払い方法が簡単です!

日本に比べ、キャッシュレス化が進む東南アジア。

クレジットカードやその他電子マネーを登録しておくと、勝手に支払いを済ませることができます!

配車代数が多い!

Grabは一般ドライバーだけではなく、大手のタクシー会社とも提携しています。

配車代数が多いため、どこにいてもすぐにタクシーを呼ぶことができます!

ポイントが溜まる!

そして、Grabを使うとポイントが溜まるのです!

溜まったポイントは、次回の乗車の割引に使うこともできますし、レストランやカフェで割引券として使用することやNPOやNGOに寄付することもできます!

Grabの使い方

続いて、Grabの使い方を紹介します!

  1. アプリをダウンロード!
  2. クレジットカードを登録!
  3. タクシーを予約!

 

アプリをダウンロード!

ますは、アプリをダウンロードしましょう!

「Grab」と検索すれば簡単に見つけることができます。

クレジットカードを登録!

続いて、支払い方法の登録です。

僕はキャッシュレスで、乗り降りがスムーズなクレジットカードの登録をオススメします!

注意
現金で支払うこともできますが、割高になるので注意してください。

タクシーを予約!

GPSで自分の現在地が分かるので、出発地は入力不要です!

僕は大学からこの記事を書いているので、シンガポール国立大学になっています笑

あとは目的地を入力します!

すると、多くのオプションがでてきます。

それぞれ時間と料金が変わるので、注意してください。

Just Grab – 普通の配車です、1人で乗ることになります。

GrabShare – 複数の人とタクシーをシェアします。値段は安くなりますが、時間は少し長くかかります。

Standard Taxi – タクシー会社から配車することができます。

GrabHitch – 事前に複数人で予約します。

Electric Taxi – 電気自動車を呼ぶことができます。

他にもたくさんありますが、基本的には「Just Grab」で、時間と引き換えに安く抑えたい場合は「GrabShare」を選択すると良いと思います!

まとめ

わさび

今後、さらに成長していけば日本に進出してくるかもしれません!東南アジアに旅行する場合は、必須のアプリかと思います!