「文系早大生」がアジア1位のシンガポール国立大でプログラミングを学ぶ理由

わさび

こんにちは、シンガポール国立大学に留学している、わさび (@WabiSabi_Hack ) です。(初めて言った)
アメリカでもイギリスでもなく、なんでシンガポール??

ペンギンさん

自己紹介

これで、6つ目の記事になるので、そろそろ自分の留学についても書きたいと思います!

改めまして、早稲田の国際教養学部からシンガポール国立大学に交換留学をしています。

タイトルには、分かりやすくプログラミングと書いてありますが、シンガポール国立大での専攻は計算機科学、つまりコンピューターサイエンスです。

「国際教養学部って文系じゃないの?政治とか歴史とか勉強するんじゃないの?」

と言われそうですが、「理転」して留学しています!

シンガポール国立大学って?

 

シンガポール国立大学 (National University of Singapore) は、1905年に設立された、シンガポールで最も古くて権威ある大学です。

イギリスの Times Higher Education World University Ranking (世界大学ランキング)では、世界22位  アジア1位 の評価を受けており、日本で有名な東京大学 世界46位アジア6位と比べても非常に高評価を受けています。

MEMO
特に、東南アジア、中国、欧米、アフリカなど約100カ国から留学生が集まっており、国際性が豊かな大学だと言われています!

わさび

なんと留学生の割当は30%以上です!僕のルームメイトも、シンガポール、アメリカ、インド、中国、ポーランド、カナダと本当に多様です!
うわー、ぼくがいても大丈夫かなー!

ペンギンさん

なぜ、プログラミング?

最近は人工知能やビッグデータ、クラウドなんて言葉が巷にも広がっています。

僕は3歳からパソコンを触りだし、小学生でホームページをつくり、中学生でアプリをつくって… と言うようなタイプでは全くありません!笑

ただ、高校でアメリカへ留学した時に、カクカクシカジカあり、

わさび

情報技術ってすごいなー!面白いなー!

と思うようになりました。

なので、ようやく大学受験から解放された後に、趣味でちょこちょこやったりしていたレベルです。

そんなド文系な僕でも、プログラミングをやる必要ありますか?

これからの時代、文系でもITの知識は必要!

プログラミングって言うのは、「情報技術における問題解決の手段」だと思っています。

ちょっと視野を広げてみると、世の中の様々なものが、ITの力で便利になったり、社会の流れを変えたりしています。

「ITによる問題解決のお作法」は、実際にエンジニアにならなくても、これからの情報社会を生きていく上では必須のスキルになると思っています。

「プログラミングによる問題解決の方法」を身につけていることが、あらゆる物事の解決の糸口を見つける手立てになるはずです。

2020年から全国の小学校でプログラミング教育が必修化されたりするのも、その大きな潮流の1つだと思います。

わさび

だから、数学はニガテだし、物理とかも高校レベルで止まっている僕ですが、一念発起して、「理転留学」をしようと思いました!
だから、わさびはシンガポールで勉強がヤバいって…もごもご。

ペンギンさん

なぜ、シンガポール国立大学?

 

さて、プログラミングを勉強するまでは分かったけど、留学必要?となりますよね。

実際プログラミングを無料で学べるサービスは増えてきていますし、MOOCなどのサービスを使えば、世界の大学の授業を見ることも可能です。

一方で、どこまで情報技術が発達しても、「会う」「体験する」以上に、有効なコミュニケーション手段は今のところ存在しません。

シンガポール国立大学の計算機科学(コンピューターサイエンス)学部は、 世界10位 アジア1位 と言う高評価を受けています。

ITによって世の流れが変わっていく「雰囲気」に加えて、凄まじい発展を続ける東南アジアの「熱気」を優秀な学生と共に感じられる経験は、すごくすごく貴重なことだと思います!

そして、何よりそんなチャンスがド文系の僕にも開かれていることに感動しました!

シンガポールは、シンガポール自体がアジアのハブとして発展していますが、インドネシアやベトナムなど近隣諸国から集まる留学生と、中国から流入してくる最新のITサービスを間近で感じられ、とても刺激的です!

まとめ

わさび

実際にどのようなことを勉強しているのか、どんな学生生活なのかは、また書きたいと思います!
読んでくれて、ありがとう!

ペンギンさん


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アジア)へ
にほんブログ村