【証明写真がデータで必要!?】アプリで写真をデータ化する方法!

わさび

20卒の早大生、わさび (@WabiSabi_Hack) です!

いよいよツイッターでも、「20卒」の文字が目立ってきました!

すでにサマーインターンの募集を始めている企業もあり、いよいよ就活が始まるなーという感じです。

現在シンガポールに留学中の僕ですが、先日とある企業にエントリーしようとした時に、証明写真をアップロードするように言われました!

最近はデータで写真をもらえる証明写真機も増えてきましたが、まだまだ多くはありません。

さて困った!調べてみると、写真館のような場所で数千円払わないと手に入らないらしい…

しかし、そんな僕のピンチを救ってくれた「アプリ」がありました!

就活には証明写真がデータで必要!?

最近はESを Web上で提出したりすることが増えています。

そんな時に問題となるのが、「顔写真」です。

わさび

シンガポールの学生ビザを取得する時に、撮ったよ!
え、でもそれスーツじゃないじゃん笑

ペンギンさん

わさび

(しまった…!)

ということで、今回「スーツを着た証明写真のデータを手に入れる」ミッションが始まりました!

ちなみに、未だに手書きで提出させる企業もあるようですが、僕は幸運にも出会ったことがありません笑

さて、この記事は、「データで写真をもらえる証明写真機がどこにあるか分からない!」「データでもらうために、 証明写真に高いお金を払いたくない!」という人に向けて書いています。

アプリで写真をデータ化しよう!

最初は、「仕方ないから自分のカメラで撮影しようか」とか色々考えたのですが、やっぱり画質が心配ですよね。

そんな時は、アプリを使って写真をデータ化しちゃいましょう!

使うアプリは「フォトスキャン」という Google が提供しているアプリです!

Google純正なので、スキャンの画質も高いですし、使いやすさも抜群です!

無料で使えるので、ダウンロードしておいて損はないと思います。

注意
あくまで緊急用として使用します。余裕がある場合は、ちゃんとした写真でエントリーしてください。

「フォトスキャン」の使い方!

  1. データ化したい写真を用意する
  2. 明るい場所で写真を撮影する
  3. スキャンが足りない場所を指定されるので、撮影する

 

このアプリのスゴいところは、写真を何枚か撮影して合成し直すことで、自動的に光の反射を除去してくれるところです!

ちゃんとしたスキャナーを使わないと厳しいかなと思っていたのですが、アプリで簡単にデータ化することができました!

まとめ

証明写真だけじゃなくて、昔撮影した写真をデータ化することもできるね!

ペンギンさん